東京都議会でおきた「セクハラヤジ」騒動はマスコミの大誤報

はじめに

塩村ヤジは、マスコミによる、セクハラの汚名を着せた大誤報だった!

ウヤムヤに流されてしまわないよう、塩村議員も便乗してしまったマスコミによる大誤報というウソ・捏造を、改めてここに分析記録することにしました。

前回までの2度の投稿で、塩村議員へのヤジからセクハラ内容は確認できないことを実際の音声解析を交えて解説した。 僕が思うくらいだから、きっと多くの人たちが、疑問を抱くだろうと思ったが、結果は逆。 NHKは「自分が早く結婚~」のセクハラヤジに関連したニュースを打ち続けたし、テレ朝は「産めないのか」を印象付けようと、いかにも分析めいた手口で解説した。

でもこの国の純粋まっすぐなひとたちが、セクハラ大誤報を100%信じてしまったかもしれない
日本人はエラを取った整形美人に、実に弱いのでござったのでした。

seikei_ayaka

塩村議員への一連のヤジが、セクハラではないことだけは証明しておきたいと思います。

セクハラヤジ

ヤジの人間にマイクが向いているわけでもなく、雑音もあって聴きづらいはずなのに、発言内容がセクハラだと言い切る。 彼らは自分が聴き間違いしているかもしれないとは思わないのだろうか。 一度決めた願望こそ真実と疑わず、事実を無視した決めつけを繰り返す態度には、本当に同じ日本人(なのか?)かと疑問を抱く。聴いている視聴者、受信料を払っている視聴者として、恥ずかしくなってきたわ。

  • 誤報「自分が早く結婚したほうがいいんじゃないか」

    真実「みんなが結婚したほうがいいんじゃないか」

  • 誤報「とりあえず結婚」

    真実「とりあえず時間」

・・・NHKは「自分が」の部分はうやむやにしている。NHKは台本にない放送はしない。ということは分析依頼先の日本音響研究所所長鈴木創に「自分が早く~」と言わせているのだ。そのテロップも「早く結婚~」のあとに、他の方が「とりあえず結婚」という発言アル(特亜臭だ!どこの国籍のエンジニアが作ったんだろう)01_nhk_tv

  • 「産めないのか」

・・・テレ朝が印象操作っぽく分析を実演した。分析元は朝鮮語で南北統一を意味する名前らしい会社。他のニュースやテレビでは証言だけで音声が放映されていないし、あっても非常にわかりにくい。

02_asa_tv

  • 「がんばれよ」、「動揺」、「動揺しちゃったじゃないか」

・・・民主の山下都議がヤジったと申し出たとの報道があった。セクハラには当たらないとしている。マスコミは民主(現在の民進党)には非常に優しい。 塩村都議を応援したヤジらしいが。「がんばれよ」はともかく、あの場で「動揺しちゃったじゃないか」は、この日本では明らかに上目線で、相手をバカにした発言。これで応援とはお里が知れたわ。

 

検証方法

ヤジの音声

NHKニュースサイトで放映された、セクハラヤジが録音されているニュースの動画を使用します。 公正なNHKのこと、さすがに映像や音声データを改ざんしたりははしていないでしょうし、なにより潤沢な音声機材のおかげで音質が良いので検証材料向きです。

でもこのニュース音源、あまりに質がいいので旗色が悪くなったのか、すぐに見ることも聞くことができなくなりました。なので ニュースの音声をMP3でお聞きください。
※選択範囲は、議会での塩村議員の発言とヤジの部分(00:28~00:35)。

長々と詳細すぎる解説アナウンスに、NHKの塩村議員に対する思い入れや愛情がが感じられます。
※このニュース全体の音声は、生音を聞いて欲しいので、音質の補正を入れていません。

02_wave_org

ヤジの検証環境

高機能DAWソフトである「Cubase」を使います。 音楽CDのマスターも起こせるマジメなソフトですから、怪しげな放送業界の編集機材よりは、いささか信用できます。
補正は最低限にして、原音に忠実に検証しようと思います。 ヤジが行われた録音の音源は上記の選択範囲の部分です。
録音そのものが塩村議員に向けられているため、ヤジの声が沈んでいます。そのため、以下のようにイコライジング加工して聴き取りやすくします。

※人の声が及ばない低域はカット、男性の中域と子音のエッジが含まれる高域は波風が立ちにくいよう、なだらかにブースト

05_eq

音声の一部分を切り取って再生することがあります。その時に出るカットノイズが、話し言葉の子音と誤解してしまうことがあります。

※放送局様はこの特性を使って、しばしば捏造音声を作っていたりします。

そういう時は、カット位置前後に幅をもたせて、短かいフェードイン/アウトの処理を入れます。

※上がオリジナル波形、下がフェードイン/アウト。

04_wave_fifo

塩村議員の代表質問に絡むヤジの全体像

口語を明瞭にするために、以降の音声はすべてイコライジングを有効にします。ボリュームが若干大きめに感じますのでお気をつけください。

両端は塩村議員の声です。波形の輪郭がきれいです。その他がヤジです。中央右よりに塩村文夏議員の「はあぁ~っ」という吐息(2の下ぐらい)があります。ヤジ全体が空気のモレが多い声ということがわかります。空気はこういうギザギザの波形になります。

yaji_01_yajiall

時間にしてわずか7秒です

塩村議員はその間にどれだけのセクハラを受けたのでしょうか。

また、ヤジを放った鈴木議員らは、たった7秒間で日本中から総叩きを食らうほどのセクハラをどうやってやってのけたのでしょうか。

検証に先立って、ヤジの位置関係を特定しておきます。部分部分を聞いているとわからなくなってきます。その時はここへ戻ってきて全体を聴き直してくださいね。 この7秒間の音声をよく聞いてみると、以下の4つの色を付けた部分でヤジが聴こえることがわかります。報道のとおりですね。 調べを進めていくと、もっとわかるかもしれませんが、今はっきりしているのはこれだけです。 もちろん僕の耳も疑わしいことは承知しています。

さあ、これからひとつひとつ検証していきましょう。

yaji_02_yaji_map

鈴木議員以外にもヤジがいる

【茶】【緑】【青】【紫】、4つほどヤジがいそうです。いかがでしょう、そのように聴こえませんか? このうち【茶】【緑】、は接近していますが、一人で喋れない時間ではありません。

NHKの分析依頼先「日本音響研究所所長鈴木創」は、【緑】の部分を周波数が違うだの、0,2秒足らずの間隔を一人で話せないなど、テキトーなことを申されていますが、同じ人間でも、叫んだ時の声帯が緊張している時と、ボソボソ喋った時では、声の周波数分布は全然違います。

それに0.1秒って長いぞ!

NHKのアナウンサーが発話文言を図るために使うらしい「セブラル」単位は、はっきり聞こえる速度として1秒間に7文字を使っているそうです。

塩村議員がかつて出演していた番組の司会者「さんま」だったらその倍はいきますよね。

前後のヤジが重なっていれば他人だと言い切れるけど、そうでなければ一人でしゃべったと考えたほうが自然じゃないのか?

国民の受信料を子供だましに使わないでほしいです。

逆に一人では絶対に無理なヤジが、完全に重なっている【青】【紫】です。

これができるのは「いっこく堂」だけでしょう。

ということではっきり言えるのは2名以上

 

■検証1■ 「自分が早く結婚したほうがいいんじゃないか」

前置き長かったですが、検証です。最初は【茶】の部分です。 まず聴いてください。 前後は不要な音なので、うるさくないように短時間のフェードイン・フェードアウトを入れてあります。

yaji_K1-1_minnaga

もうこれは、解説する必要も、弁解の余地も無いと思うのですがいかがでしょうか?(必要ならコメントくださいw)

塩村議員の「~てきました。」にかぶせて、

真実「みんなが結婚したほうがいいんじゃないか」・・・。

そう聞こえますよね?NHKさま、日本音響研究所の鈴木創所長さま、「自分が」とか「早く」とか、どんな空耳ですか?

わざとやっているのでしょ?チンケなこだわりのために、お父様の偉大な功績であるハイビジョンで鳴らしたNHKの技術研究や、FBI鑑定業務で培った日本音響研究所の信用を地に落とすんですか?

そこまでして守りたいものが塩村議員にあるのですか?

それは何ですか儒教ですか?我々日本人には理解できない同胞意識でもあるのですか?

shiomura_ayaka_nida

とはいえ私の誤解でしたらいけないので、念のために分析します。
「結婚したほうが~」は、マスコミと認識が一致しているので省略します。
波形を見ながら聴いてみましょう。以下に色付けした部分がその部分です。
塩村文夏議員の最後の声とともにスタートし、誤報「とりあえずけっこん」改め「みんながけっこん」までの部分を切り出してあります

yaji_K1-2_minnaga

聞き取りやすいように50%スロー版も用意しました。波形もズームします。

yaji_K1-2ba_minnaga

色付けした範囲の波形を見てください。 波形にはツノが立っている部分と、動脈瘤のように丸くコブのようになっている部分があります。 概して以下の様な特徴があります。

  • ツノとコブの違いは、発音の明瞭さです。
  • 子音がはっきりしている音は波形が鋭くなります
  • ま行のように柔らかい音は、輪郭がきれいなツノになります。
  • が行のような濁った音や、さ行のように空気が混じった音は、波形の輪郭が乱れます。
  • 母音が「い段」や「え段」の音は口を閉じ気味になり、音量の変化が乏しく波形が平坦になります。
  • 母音が「あ段」や「お段」の音は口を大きく開くため、波形の山が大きくなります。

これらを踏まえて波形を見ると、ある程度の「発音」が見えてきます。電子楽器ならともかく、相手は特性のある人間のノドですから。 では、白くマークした部分を左から見ていきましょう。誤報である「とりあえずけっこん~」ではなく真実の「みんながけっこん~」としゃべっているでしょうか。

  • 「みん」・・・
    • こぶが2つ連なっていますので連続した2つの音。途切れず続く2音目は「ん」か母音です。
    • 波形の山が平坦なので、口を閉じ気味の「い段」。
    • ツノがないのでやわらかい子音、音量の割に鼻息と思われるノイズが多いのは「ま行」でしょう。
  • 「な」・・・
    • キレイに立ち上がったツノは、口を素直に開けた「あ段」。
    • ノイズが少なく、若干ゆっくりめに立ち上がっていますので、「ま行」よりも「な行」でしょう。
  • 「が」・・・
    • 前の「な」の音で口を開けたまま、次の音を出していますので、この音も「あ段」。
    • 子音が不明瞭で乱れが持続しているので、声帯というよりノドが濁った音で「が行」。
  • 「け」・・・
    • 丸い波形ですが直前に音になっていないはっきりしたノイズ。息を一度止めた時の音ですね。なので、「か行」か「た行」、
    • そんなにアタックが鋭くないので「か行」ですね。
    • 波形が丸い割にノイズが多いのは、口をつぶしているから。きっと「い段」「え段」ですね。「い段」だと音量はここまで出にくいので、「え段」ですね。
  • 「こん」・・・
    • 「け」の後ちょっと間があいて吐息が強い連続音「こん」です。

もうここまででいいでしょう。 分析をするとしたら、こんな感じでやるといいと思います。判断はご覧のみなさまに委ねますが。

■検証2■ とりあえず結婚

次は【緑】の部分です。NHKが分析依頼した日本音響研究所鈴木創所長がおっしゃる、『他の方が「とりあえず結婚」』の部分です。 ヤジの部分を色付けしました。 ごまかしにならないように、まずは前後を入れて聴いてください。

yaji_K1-3b_toriaez

前は【検証1】「~結婚したほうがいいんじゃないか」のヤジの直後から始まっています。 後ろは塩村議員が発する水商売が板についたような吐息がかぶさっています。

色っぽいですか?www(マスコミの人たちはこれにまいっちんぐしているんでしょうかねw

ヤジですが、【検証1】と打って変わって、後ろかしを向いてしゃべっているように遠くに聴こえます。
前後がうるさいし、音量差もあって聴きとりにくいですね。前後をもう少しツメてみます。

yaji_K1-3d_toriaez

聞き取りやすいように50%スロー版も用意しました

yaji_K1-3e_toriaez

白くマークした部分がヤジの箇所です。切れ目を入れた箇所は、音の変わり目と見られる波形の切れ目です。
マークの前後は、鈴木議員の語尾と塩村議員の吐息です。うるさいのでフェードイン・フェードアウトしています。

それでは、セクハラヤジかどうか、「とりあえず結婚」ではないことを確認しましょう。
マークを左から順に見ていきます。

  • 「と」・・・
    • 前の声の音量差が大きく、打撃音のように重なっていますので、立ち上がりがわかりにくいのですが、マークの2割くらいのところで鋭く立ち上がっています。
      「か行」か「た行」です。
    • 立ち上がり後も大きな波形が続いていますので、口が大きく声量が大きい「あ段」か「お段」。
    • 音を聴くとくぐもった音なので、「あ段」よりも「お段」。
    • 「お段」であれば「か行」よりも「た行」のほうが音が波形のように自然に継続するので発音は「と」
  • 「りぃ」・・・
    • よく見るとやわらかい波形の山が2つ連なっているようにみえます。
    • 前の音「と」との間にすきまがありますので、発声の直前に息を止める必要がある音です。となると「さ行」、「ら行」ですが、立ち上がりの空気の雑音が少ないので、「ら行」でしょう。
    • 一方、持続音には一定して空気の雑音があります。音量差だけで2つの山をつくっているようです。なので2音目は母音の音です。
    • 空気の雑音が出やすいのは「い段」か「え段」、音量差が出しやすいのは、口の幅が変化させやすい「い段」です。なので発音は「りぃ」
  • 「あえ」・・・
    • くぐもったこのヤジの中で、ひときわ大きく丸い波形を描いています。これは大きく口を開けた「あ段」か「お段」です。
    • 前の音「い」から途切れがありません。母音の音です。これが「お」なら口が左右から中央に動くためわずかに途切れます。なので「あ」
    • 波形を見ると持続の途中で減衰しています。2音目があると考えたほうが良さそうです。音量差の2音目は母音です。
    • 2音目の音量が小さく比較的雑音があります。口を絞っていることがわかります。「い」ほどではありません。「え」ですね。
  • 「ず」・・・
    • 前の音「え」から隙間なく発音していますが、出だしが汚く長め、濁音の特徴です。「が行」「ざ行」「だ行」「ば行」です。
    • 持続音はきれいな波形です。ただし音量がありませんので「あ段」「お段」ではなく「う段(ぐ、ぶ、ず(づ))」です。
    • 立ち上がりをよく見ると短時間に複数の鋭いツノが見えます。「ぐ」「ぶ」よりもザラッとした「ず」ですね。

ここまでは、セクハラヤジの前半とおなじ言葉です。波形の分析の確からしさと、音声位置関係を確認したところで、以降セクハラか否かの重要な音の分析を行います。

  • 「けっ」・・・
    • 「けっこん」の「けっ」であった場合、波形上に2つの特徴が生まれます。
      • 立ち上がりの直前に少し息が止まるため、音が途切れる
      • 立ち上がり後の音が持続しにくい
    • 上記の特徴のいずれも波形に現れていません。波形には、前の音「ず」と同様、立ち上がりに複数の鋭いツノが見えます。これはザラッとした濁音「ざ行」の特徴です。
    • 波形の継続音を見ると、途中から音量だけが急拡大しています。おそらく連続した2音目があるのでしょう。立ち上がりの早い母音ですね。
    • 波形を見ると、持続音には、前の音「ず」より、空気の雑音が多く含まれて見えます。「う段」より口を閉じて発音している「い段」でしょう。なので発音は「じぃ」ですね。
  • 「こん」・・・
    • 「こ」と「ん」は意図的に止めない限り音が連続します。この波形を見てもそのようにみえます。持続音の途中がボコッとふくれてそのまま減衰しています。
    • 波形を見てみると、前の音「じぃ」に連続して、鋭く立ち上がって、すぐに減衰しています。硬い打撃音でしょう。
    • 「か行」や「た行」が硬い音ですが、「た行」は発生前に息を止める必要があります。前の音と連続しているので「か行」ですね。
    • 持続音には立ち上がりの減衰直後から音量の強弱があります。ノイズが少なく音量があるのは口が大きい「あ段」「お段」。
    • 前の音が「い」なので「お段」へ切り替えながら連続音を出すには、口の動きに無理が生じます。波形に無理な痕跡が出ていないので「あ段」でしょう。
    • 最後は塩村議員の吐息がかぶっていますが、直前に小さいな音量まで減衰しています。ただ、空気のノイズが減っていないので口を閉じたのでしょう。「ん」ですね。
    • 結論は「かん」と発音していますね。

真実「とりあえず時間」・・・。

たしかに「とりあえず」というヤジはあった。別のヤジでは「けっこん」と言っていた。

だけど、別々のヤジをつないで「とりあえず結婚」はないだろう!こんな切り貼りは誤報というより捏造ですよ。

誤報も誤報、大誤報!

これでもセクハラヤジと決めつけますか?鈴木議員にも人権はありますぜ

捏造誤報をして世間に吹聴した塩村議員

捏造誤報して公共の電波で発信したNHK

捏造誤報して善良なスポンサーと消費者を裏切ったテレ朝

捏造報告して裏切り者の片棒を担いだ日本音響研究所所長の鈴木創(あんたの技術力があればウソだと見抜いていたでしょ?)

捏造して日本を貶めることに加担した21とかいう技術会社。

この人達は、この先この開かれた情報社会で仕事をするつもりなら、落とし前をどうつけるつもりなんだろう?

 

■検証3■■検証4■ 産めないのか」、「がんばれよ」「動揺」「動揺しちゃったじゃないか

次は【青】【紫】の部分の分析です。ふたつの音声が重なっています。

事件の後、民主の山下都議だっけがしゃしゃりでてきて、言葉が3つ増えた。「がんばれよ」も「動揺」も「動揺しちゃったよ」もセクハラかどうかは判断しかねるが、他党の議員に対しての言い方としては、見下した以外なにものでもないですね。

議員という存在は得票を得た有権者の鏡。

その議員を、議員が見下すということは、議員が有権者を見下していることに他ならない。
民主はおかしい、はっきり言って日本人の価値観を超越している、隣の韓国のことわざ通りの言動をしている。日本人と比べて、価値観が悪い方へ違いすぎる。一度国籍をチェックした方がいい。

それでは分析です。まず重なった部分を聴いてみましょう。

yaji_K1-4a_1

塩村議員の吐息が終わり、ヤジがスタートします。

  • ■検証3■ 最初は前半のヤジが一人の声らしく聴こえ
  • ■検証4■ 次に笑いとともに後半のヤジが混ざってきて唐突に終わる

そして塩村議員の声が再開するっている流れです。

聴き取りやすいように、例のごとくヤジの部分だけ50%スロー版を用意しましょう

yaji_K1-4b_3

前半と後半で分割したほうが聴きやすそうですね。50%スローのまま2つに分割して検証します。

 

■検証3■ 産めないのか」「がんばれよ」「動揺」「動揺しちゃったじゃないか

yaji_K1-4c_2

ここまで読んでくださった気の長いみなさま、読んだり聴いたり見たり判断したりと大変な労力を強いてしまいました。
まずはお礼申し上げます。その代わりと言ってはなんですが、普段見慣れない音声の波形と実際の発音の関係について、そのニュアンスのようなものだけは知っていただけたと思います。

マスコミや有名人は、視聴者は無知だと思いこんで仕掛けてくるからこういう問題が起きるのです。これには抑止力が必要です。もうダマされない、視聴者はバカじゃない、と知らしめておけば、2度め3度めの捏造セクハラヤジは防ぐことができます。防衛力をつけて、マスコミからの不正侵略に備えましょう(笑)

NHKやテレ朝(朝日)は、防衛力や自衛権を強化することに反対した番組を流します。現政府は戦争を起こすとか言っていますが、捏造ヤジとまるきり発想がおんなじで、脈絡がないいいがかりだということがわかりますよね。

検証の最初は消去法をやりましょう。

  • 「産めないのか」・・・塩村議員が聞こえたと言い切っている
  • 「がんばれよ」・・・民主 山下都議が言ったとされる(本人曰くセクハラではないというが・・・)
  • 「動揺」・・・・・・民主 山下都議が言ったとされる(本人曰くセクハラではないというが・・・)
  • 「動揺しちゃったじゃないか」・・・民主 山下都議が言ったとされる(本人曰くセクハラではないというが・・・)

ここまで読んでいただいたみなさまなら、すぐに波形を見て賢明に判断していただけると思います。
ただちょっと冷静に聴いてみてください。なんかこの声うるさくないですか。東京都議だというのに標準語っぽくないのです。ヤジの一音一音が尻上がりになっています。
これは関西弁の言い回しですね。標準語の一音は尻すぼみなので、関西弁はうるさく感じるのです。
具体的には明石家さんま。多数の出演者の中でも司会者としてひときわうるさい。ではそう思ってヤジを聴いてみましょう。

一音一音に白いマークをしておきました。4つ目のマークははっきりと聴き取りにくいのですが、別の声が重なっている中で、「あ~」みたいに声を長く発しているようです。

 

 

■検証4■ 産めないのか」、「がんばれよ」「動揺」「動揺しちゃったじゃないか

yaji_K1-4d

 

少なくとも、「産めないのか」とも「がんばれよ」とも「動揺」とも「動揺しちゃったじゃないか」とも聞くことはできませんでした。

これをもって、セクハラヤジとは思えないなあ。味方の議員が攪乱戦法してるだけでしょうね。

 

では、今日はここまで。あとはみなさまのご判断に委ねます。

ごきげんよう(^_^)/~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。